人気があるメンズの財布のタイプ

日本人男性に人気の高いメンズ財布のタイプとしては、主に2種類挙げる事ができます。一つは長財布でもう一つは二つ折り財布になっていて、基本的にはこのどちらかをメンズ財布として使用しています。女性であればコンパクトな三つ折り財布などを持つことがありますし、クレジットカードの文化が根付いている海外の方はマネークリップなどを使う事もあります。しかし現代の日本人男性は三つ折り財布を持っている方は皆無と言えますし、まだまだクレジットカードの文化が根付いているとは言えませんのでマネークリップも使用している方はほとんどいません。また、小銭入れを併用している方も少数派になります。したがって、一般的にメンズ財布と言えば長財布か二つ折り財布になっています。

長財布のメリットや特徴について

基本的に長財布は薄いフォルムでスマートなデザインになっています。そのためフォーマルな場やビジネスシーンでも違和感無く使う事ができますし、お札が曲がると言った事がほとんどありませんので大人のカッコよさなどを演出する事ができます。また、レシートや領収書などの保管も容易になりますので接待の場面や出張などの際にも経費の計算などが楽になると言ったメリットもあります。ただし、長財布はスマートなフォルムであるが故に比較的大きなサイズになっています。これはスタイリッシュさを重視した結果になり、ある意味では避ける事のできないデメリットになっています。そのため休日でもバッグなどに入れる必要が出てきますし、型崩れしないように尻ポケットなどに入れる事も避ける必要があります。

二つ折りのメリットなどについて

もう一つのスタンダードなタイプとしては二つ折り財布が挙げられます。こちらの場合はコンパクトさが重視されていて、片手で簡単に持つことができズボンのポケットなどにしまう事が可能になっています。なので、服装を問わず使えますしお札や小銭が取り出しやすいと言うメリットも持っています。しかし、この二つ折り財布はやや幼い印象を与えてしまいます。基本的にズボンのポケットに入れている物は不自然な力が加わったりしますので劣化が早くなります。なので、二つ折りの場合は比較的早く寿命がきてしまいます。そうなると気づいた時にはボロボロになっていたり、場合によっては表面から内部が見えていると言ったケースもあります。そのため長財布と比べて買い替えの期間が早くなり、経済的な負担になる事もあります。